読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色と属性の関係についての新提案

新しい属性と色の相関を考えてみた。

弱点属性なんかは考えてません。

どの能力も拮抗していると考えています。

 

赤:火→高温
炎を制御して相手を焼き殺す。原理的には触れたものや自分の身体を温度上昇させられる。強制的に発火点を作り出す。

 

 

橙:金→分子間力強化

体の一部や触れたものを金属のように硬くすることができ、物理攻撃能力を高められる。原理としては、分子間力を強めることで成せる技である。実際に金属にするわけではない。能力が高まると体積の小さなものなら絶対に破壊されない硬度まで上げられるが、体積が大きいと能力は弱まる。

 

黄:地→固体分子制御

地面の土や木など、触れた固体を自由に操り攻撃できる。極めれば形態変化も可能で変化の術などに応用可能。


黄緑:雷→自由電子操作

自由電子を自在に移動させ、触れたものに電気的なダメージを与える。能力を高めれば大きな電位差を生じ、空気中に雷を出すことが可能。

緑:風→気体分子制御

大気を操り、かまいたちや突風に寄るダメージを与える。極めれば大きな空間で真空を作り出せる。


水色:氷→低温

触れたものの温度を低温にすることが可能。敵に触れれば敵を氷漬けにでき、水や空気中の水蒸気を凍らせて攻撃することも可能。


青:水→液体分子制御

液状のものを操れる。少しでも触れることができればその形を自在に変えることができる。水がない場所では自分の血などを使う必要がある。止血や輸血などが可能で、体内の水分を自在に操ることで簡単な回復能力もある。


紫:重→重力強化
自分の周りの空間の重力を重くすることができる。能力を高めるとより広い空間により強い重力を生じさせる。


白:光→光子放出

光の速度、強度、方向を自在に操る。自ら光を出すことも可能。レーザー光線による攻撃のほか、蜃気楼により敵を混乱させる技も持つ。光速を操ることで、時間の操作も可能。さらに能力を極めると有害な電磁波を放出することが可能。


黒:闇→吸収

光エネルギー、電気エネルギー、熱エネルギー、運動エネルギーなどあらゆるエネルギーを吸収する。敵への攻撃は物理攻撃が主だが、敵の防御能力を無にすることが可能。

 

 

チート能力

赤外領域:神→精神操作

自分や敵の精神を操る。視覚や聴覚など、相手の五感に働きかけて操作することができる。精神的に強い人間でも、この能力を高めた術者には勝つことはできない。最強クラス。

紫外領域:時→時間加速

時間を操る。時間を戻すことはできないが、速めることが可能。最強クラス。

 

ちなみにマンセル色相環の8色+白黒を用いています。

http://zokeifile.musabi.ac.jp/wpwp/wp-content/uploads/2014/08/059_hue-circle_02.jpg