読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庵野秀明が監督で興行収入100億いく映画考えてみた。

主人公は日本人の女学生で、最初はその少女の目線でストーリーが進む。ある日、地球に宇宙怪獣が飛来し、街を破壊し始める。人類は宇宙怪獣を倒すため軍隊を結成する。しかし宇宙怪獣には核爆弾すら効かず、倒しようがない。

 

そこで軍隊の幹部の一人(男主人公)に目線が移る。その幹部は地球を守る光の巨人の伝説を知る。女主人公は実はある宇宙人の末裔で、伝説の光の巨人に変身するor巨人を操る力を持つ。そして二人は出会い、恋愛要素とかも絡めて、なんやかんやあって宇宙怪獣を光の巨人が倒す。めでたしめでたし。

 

まあ実際興行収入とか詳しくないからわかんないけど、庵野秀明が女主人公のウルトラマン作ったら絶対面白いよね。そんな作品が作られることを祈る。